FC2ブログ

制 作 メ モ

藤 永 覚 耶 | 作品制作、展覧会、その周辺について

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2013.4.18-4.21 愛知県美術館 搬入 

2013/05/09
Thu. 00:59

愛知県美術館 APMoA Project, ARCH の搬入。

今回は搬入の内容はまる4日間を費やした。
ゆったりめの展示構成にしているが、計40m程度の壁面の展示作業やライティング。また、現地で2500mmのアクリルボックスを設営し、綿布を張る作業。そして、アトリエでは張るのが難しいため(あるいはアトリエからでなくなってしまうため)、長辺2300mmのパネル3枚に綿布をパネル張りする作業も現地でさせて頂いたため、時間がかかる搬入に。

大きい作品は一人ではどうしようもなく、4日のあいだに入れ替わり立ち代わり、友人の手を借りながらの搬入。

_MG_2845_hosei.jpg

_MG_2860_hosei.jpg

アクリルボックスの設営。綿布同士をひっぱり、アクリルに張ってゆく。

_MG_2869_hosei.jpg

_MG_2880_hosei.jpg

設営と固定。
固定だけは美術館に他の展示作業で来られていたヤマトロジテクスのプロの方に行ってもらった。

_MG_2866_hosei.jpg

_MG_2912_hosei.jpg

展示室でのパネル張り作業。

_MG_2907_hosei.jpg

_MG_2939_hosei.jpg

_MG_2897_erco.jpg

_MG_2958_hosei.jpg


作品の規模を大きくしていくと、他人の助けが必須になることを改めて実感。

4日間つきあってくれた川村さん、
アクリル設営を手伝ってくれた松村さん、
アクリル固定とタフなパネル張り作業、手間のかかる展示作業をがっつりと手伝ってくれた木曾くん、矢島さん、
急な呼びかけにきてくれた谷村さん、東条さん、
固定作業をして頂いたヤマトロジテクスの方、
企画から段取りまで一人で担当して頂いた学芸員の中西さんに感謝。
本当にありがとうございました。

おかげで展示は満足のいく仕上がりに。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。