制 作 メ モ

藤 永 覚 耶 | 作品制作、展覧会、その周辺について

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

STAY -常懐荘にて- 展覧会はじまりました 

2010/09/21
Tue. 23:20

作品も無事に展示でき、展覧会もスタートしています!

建物の掃除や会場作り、情報の掲示など、もろもろすべて作家たちで準備。結局、展覧会開始ぎりぎりに準備完了。
作家だけで立ち上げた展覧会で、作品以外にフライヤー、プレス、ホームページ、資料、ポランティアなど約半年に渡る準備面もなかなかでした。
しかし、美術館やギャラリーと違い、しがらみがない分、作家はやりたいことをストレートにできている気がします。

 今回の常懐荘の展示では、イメージ自体は常懐荘から発生したテーマではありません。
モチーフはこれまでも扱ってきた植物や木々の集合体の塊としての森や山です。もちろん、常懐荘の裏には山があり、木々が生い茂っているのは作品にとっても幸いなことでした。
 僕にとっての常懐荘のSTAYは、イメージ自体ではなく、常懐荘の空間の魅力を使ってどうすれば最大限イメージを提示できるか、という形式と向き合うSTAYでした。それは、既存の作品の展示方法という意味ではなく、空間から考える作品の大きさ、描かれるイメージの選び方とサイズや形式、見せ方の方法、などです。

その結果、日本家屋独特の襖をはずすととても開放的な空間になる8帖の和室2部屋。ここに部屋いっぱいにイメージが描かれた布を自然光を背に部屋ごとにイメージを分割して展示しています。



jokaiso_tenji2




jokaiso_tenji1



日本家屋独特の構造はとても機能的で、襖をはずすだけで空間の質や広がりが変わります。今回はすごく家屋の空間を意識したので、余計な照明器具などはすべてとりはずし、自然光のみ。
それでも、北と南、両側の縁側からは十分な光が入ります。



jokaiso_tenji3



jokaiso_tenji4



jokaiso_tenji5



また縁側も解放しているので、風通りがよく、作品もその風によってそよぎます。

僕の作品は空間はすごく意識しているけれど、決してインスタレーションではないです。
平面イメージがそこにあることによって空間の質を変えるという、基本的な絵画の力。そういう意味で、あくまで、ベースにあるのは絵画だと思う。

でも、作品だけを自立させて見せるのではなく、空間として作品を見せる。それは、自然光や風といった環境に左右される作品になることで、空間へのアプローチは強調されるような気がする。

興味をもたれた方は、ぜひ常懐荘へ行って体感頂けると幸いです。

展覧会HP:http://stay-visit.com/

9月26日(日)まで。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2010-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。